低用量ピルのトリキュラーは日本人の体に合わせて作られているので、海外製のピルは副作用が心配という方でも、試しやすいと人気です。避妊の確率を上げられるだけでなく、生理痛の緩和、生理不順の改善などピルにはありがたい効果もいろいろあります。ぜひトリキュラーのようなピルを上手に活用して不安や我慢を緩和しましょう!

落ち込む女性

低用量ピルと言えば、妊娠を予防するために毎日服用するタイプの避妊薬です。
女性が自分で避妊対策できるので人気があるのですが、その中でも特に知名度が高いのがトリキュラーです。
世界中で愛用されているメジャーな低用量ピルで、ほとんどの病院で処方してもらえる上に使用方法も簡単なので、手軽に利用できます。
トリキュラーの正しい使い方や入手方法、有効成分などについて詳しく知り、望まない妊娠の予防に役立てていきましょう。

トリキュラーの正しい服用方法

トリキュラーには21錠タイプと28錠タイプがあり、どちらを選ぶかによって服用方法が微妙に異なります。
21錠タイプの方は、1錠ずつ封入された錠剤を毎日1錠服用し、21日間終了したら7日間の休薬期間に入ります。
休薬期間の間に次の生理がやって来ますが、トリキュラーを服用する習慣が途切れるので翌月分の飲み忘れには注意が必要です。

茶色の錠剤が6錠、次に白い錠剤が5錠、最後にクリーム色の錠剤が10錠入っています。
色ごとに配合されている成分量が異なり、体内のホルモンバランスの変化に近い形で作用することができます。
休薬期間が開けたら、翌月分の1錠目を服用しましょう。

初めて利用する際は生理開始日に最初の1錠を服用するのですが、これにより生理初日から避妊効果を得ることができます。
通常は休薬期間中に翌月の生理が始まるはずですが、7日間の間に生理が来なくても休薬期間が終わったら次のシートを服用して構いません。

28錠タイプの方も、基本的な服用方法は21錠タイプと同じです。
毎日順番に錠剤を服用していくのですが、クリーム色の錠剤を飲みきった後にも白い偽薬が準備されています。
休薬期間に当たる7錠分の偽薬があるのですが、何の有効成分も入っていないので服用してもしなくても体に変化はありません。

それでも錠剤が用意されているのは、休薬期間が終わった後もうっかり飲み忘れるケースが多いためです。
休薬期間中も同じように毎日服用を続けることで、習慣を途切れさせることなく次のシートに入ることができます。
初めてトリキュラーを試す人や、飲み忘れによる避妊失敗が怖い人などは28錠タイプにした方が安心です。
逆に、何年も飲み続けていて服用に慣れている人、少しでも手間を省きたい人は21錠タイプで良いでしょう。

どちらのタイプも、毎日決まった時間に服用するというルールは同じです。
血液中の成分濃度を一定に保った方が効果が確実になるので、できるだけ同じ時間帯に飲むようにしましょう。
また、1日飲み忘れた場合は気付いた時点ですぐに服用し、1日に2錠服用することになっても構わないので次回のトリキュラーも本来の時間に服用します。
2日以上飲み忘れた場合は避妊効果が低くなるので、必ず他の避妊方法を併用してください。

トリキュラーは個人輸入で入手も可能

トリキュラーを利用したい場合は、まず病院で診察を受けて処方してもらわなければなりません。
海外ではドラッグストアなどで市販されていることもありますが、日本ではトリキュラーのような効果の強い医薬品は医師の判断がないと使用することができません。

ただ、処方してもらう度に病院へ行くのは非常に手間がかかります。
診察費用も高くつくので、既に何度もトリキュラーを利用したことのある人は通販で購入するのもお勧めです。
通販と言っても、トリキュラーは一般的なショッピングサイトでは販売されていません。
海外で販売されているものを個人輸入することになるので、個人輸入専門の通販サイトを利用する必要があります。

営利目的で医薬品を輸入することは法律で禁じられていますが、個人が自分のために使う場合は輸入しても違法には当たりません。
1ヶ月分相当量しか購入できないなどの制約はありますが、実際には16,000円程度までならまとめ買いしても罰則を科されることはありません。

個人輸入なら病院へ行って診察や検査を受ける必要もありませんし、薬代の負担だけで済むので節約にもなります。
しかも日本で処方されるよりずっと安い価格で売られており、まとめ買いするほど割引がききます。
病院処方では診察代も合わせて1ヶ月分3,500円から4,000円ほどしてしまいますが、通販なら高くても1,500円しかかかりません。
まとめ買いをした場合、1年分の購入だと1ヶ月分が500円を下回ることもあります。

トリキュラーの価格は通販サイトによって異なるので、できるだけ安く購入できるところを探してみましょう。
ただ、日本で品質のチェックなどを受けていないトリキュラーを取り寄せることになるので、稀に偽物が紛れていることもあります。
他の医薬品ならいざ知らず、避妊薬が偽物だったら深刻な事態になってしまいます。
悪徳サイトを利用すると偽物を使ってしまう可能性が高いので、あまりに安いサイトや利用者の口コミが少ないサイトは避けた方が良いでしょう。

個人輸入は、優良なサイトを利用すれば安くて正しい避妊効果を得ることができるので非常に便利です。
利用前に通販サイトの取引実績や口コミなどを入念に調べ、成分鑑定を行っているなど本物を扱っている優良なサイトを見極めることが大切です。

トリキュラーの成分、レボノルゲストレルについて

トリキュラーの主な有効成分は、レボノルゲストレルとエチニルエストラジオールという物質です。
この2つの成分は、もともと女性の体内で分泌されている黄体ホルモンと卵胞ホルモンに非常によく似た作用を持っており、脳の下垂体に作用して排卵を抑制することができます。

女性ホルモンは1日だけ分泌されるものではなく、約28日を1つの周期として分泌量のバランスを取りつつ身体に作用しています。
このため、トリキュラーも1日服用しただけでは避妊効果は得られません。
レボノルゲストレルとエチニルエストラジオールを継続的に服用することで、身体に負担をかけることなく体内のホルモンバランスをコントロールすることが可能です。

トリキュラーは服用している間に排卵を抑制するのが主な効果ですが、それ以外にも様々な避妊効果を持っています。
子宮頚管の入り口で分泌される粘液の粘度を強くし、精子が子宮内に侵入する数を減らして受精の確率を引き下げます。
さらに子宮内膜の成長を止める作用により、精子と卵子が受精しても子宮へ着床することができません。
子宮内膜が薄いままだと、クッション性が失われて着床が上手くいかないためです。
これら3つの作用によって、トリキュラーは非常に高い避妊効果を発揮することができます。

正しい使い方を守っていれば、約99%以上という高い確率で避妊が成功します。
もちろん飲み忘れたり毎日バラバラの時間に服用すれば成功率は落ちるので、使い方にはくれぐれも注意が必要です。
それでも他の避妊法と比べれば確実性は高いと言えるので、絶対に妊娠できない場合にはお勧めです。

また、2つの成分は避妊効果以外にも女性にとって嬉しい様々なメリットを与えてくれます。
子宮内膜が厚くならないことで生理の際に剥がれ落ちる量も減少するため、出血や痛みが大きくなりません。
生理痛の改善や経血量の軽減に役立ち、痛み止めを飲んでも辛いという女性でも身体を楽にすることができます。
また、毎日服用することでホルモンバランスが理想的な状態に安定し、生理が周期的に起きるようになります。
生理不順の治療で使用されることもあるので、もともと生理周期が乱れがちな人にも最適です。
他にも卵巣がんや子宮体がんの予防効果も高まるので、正に一石二鳥以上のメリットがあります。

記事一覧
若い女の人

多くの女性を悩ませる生理痛ですが、誰でも経験するものであり不快になるのも当然だと考えて限界まで我慢し...

色んな薬

アフターピルとは緊急避妊薬とも呼ばれる薬で、名前の通り緊急的に妊娠を回避したい場合に利用します。 性...

考える女性

マーベロンは避妊を補助するのに使用される薬で、エチニルエストラジオールとデソゲストレルの2つの有効成...

青い錠剤の瓶

低用量ピルの中でも日本のクリニックで最もメジャーと言っても過言ではないトリキュラーですが、飲み始めに...